notice


otaria's bloc(k) official

on sale!!
otaria's bloc(k) 1st issue / permafrost
buy now!! ↑ click here!!

otaria's bloc(k) 2nd issue /
lost nation
them someday...

calendar


CURRENT MOON
moon phase info

« 05 | 2017/06 | 07 »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archive

entry_list--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スポンサー広告no.  comment-  trackback-  top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

[153] TB、ありがとうございました。【mizukiサン*】 URL EDIT  top↑

はじめまして。
TB、ありがとうございました。
プロフを拝見して…以前YBO2について検索してる時にnoizuさんのサイトにたどり着いて、そこで「YBO2東北支部」「YMO2」というのを初めて知ったのを思い出しました。
>やればやるほどYBO2になっていく。
いっそYBO2になってしまってください。もう15年も、YBO2の代わりを探しているヤツがここにいますので…(苦笑)。東京にも是非来てください!

[154] Re:【endeサン*】 URL EDIT  top↑

mizukiさん
ありがとうございます!!
河本さんの「その後」を調べていたら真っ先にヒットしたのがmizukiさんのところだったんですよ。 YBO2,Ruins,Thisheat,あぶらだこ,David Bowie,Culture Club等々、80年代を謳歌した世代にはたまらないラインナップ、しかもそれらが恐るべき精緻さで記されていることにあらためて新鮮な懐かしさが感じられ、特にYBO2とRuinsの件は圧巻でさえありました。
> いっそYBO2になってしまってください。
あの顔と髪と声(歌)がなかなか…(苦笑) もしかしたら我々の実際はYBO2よりもCanis Lupusに近いのかなーなんて思うこともあります。 そうだ! mizukiさんのCanis Lupus評、読んでみたいです!! 

[155] no title【mizukimizukiサン*】 URL EDIT  top↑

Comment please河本さんは、確か実家を継ぐから…という理由で抜けられたんでしたね。個人的には、YBO2の歴代ギタリストで一番好きでした。
>あの顔と髪と声(歌)がなかなか…(苦笑)
あと、北村さんの場合、良い意味で「ハッタリが利く存在感」みたいなのがあって、そのあたりはなかなか真似できないところなのかもしれません。
キャニスは数えるほどしか観ていませんけど…箕輪さんのドラムが素敵でした。そう言えば、『死の棘』とか観に行きましたよ(苦笑)。
吉田さん関連を除けば、今国内で本当に「好き」と言えるグループを見つけられずにいる状態ですので…こちらのブログは、これからもマメに覗かせていただきますっ!

[156] > mizuki2【endeサン*】 URL EDIT  top↑

同感です。 NULL氏の時もなかなかでしたがこちらはテクニックが…  森川氏の時は見せ物としては秀逸でしたがやはりテクニックがついていかない 後任の浅野某にいたっては巧けりゃ良いって話じゃなくて、そりゃ確かに巧かったけれど、そもそも顔が… やはりYBO2が化け物(モンスター)として君臨していたのは吉田・河本・北村のいわゆるYKKの時期ですよね。 EXTERMINAL@インクスティック芝浦における演奏は80年代インディーズ文化の金字塔といっても過言ではないと未だに信じています。
> 「ハッタリが利く存在感」
あ、これは俺も自信あります。 それだけで生きてきたようなもんですから(笑) でもあの屁理屈と若き日の風貌だけは真似のしようがないですねー(苦笑)  ま、精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします!!

entry_listTrackback

エントリー「スポンサーサイト」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/91-8183e542
entry_list06/16 YBO2



画像と本文はあまり関係ありません。

ただ「今でも俺は聴いてるよー!」と言いたいだけなのか。 思えば、もう20年前になりますか… 俺が上京する契機になったのは建築を学ぶためというのは表向きの理由で、学科の中に測量があったけど単位落としてるし(他にコンピューターと構造力学も) 優秀だったのは造形演習やデザインなどで(これらは保存作品が何点もある)、要するにアーティスティックなことはできるけれど実務的なことはまるでダメってのは今も昔も変わりなく~(日本昔話風に) や、話が逸れた。

そうそう、本当の理由はYBO2を見たかった、いっそYBO2になりたかった、というのが真相。 18~22歳当時、俺の頭の中では毎日毎日、まるでキ○ガイみたいに「Trash!! Crash!!」が鳴り響いていたし、朝から晩まで聴き続けベースをかき鳴らしていた。 腐ったり躓いたり、それから10年経過して、念願叶って遂にYBO2になったは良いが、北村さんが倒れてしまい、その結果、俺は歴史に名を残すことはできなかった。

ずいぶん簡略化してしまったけれど、まぁそんなわけで、やるせなかった思い、恨み辛み、怨念、怨恨が未だマグマの如く渦巻いているんですよ。 だから、もしかするとOtaria's Bloc(k)とはYBO2になり損ねた俺の情念を具現化した集団なのかもしれません。 結成当初はJ.B.KがThisheatやってるみたいなイメージでしか考えていなかった(敢えて意識しないよう意識していた)のだが、やればやるほどYBO2になっていく。

贅肉を削ぎ落とし、己の真髄に挑めば挑むほどYBO2になっていく自分と相対峙してそれを拒否する自分との何ともアンビバレンスな共生。 そんなグルグルしたところからまた新しい曲が生まれてくるんですよね。 現在、タクラマカン砂漠をモチーフにした楽曲を構想しています。 8/27には演奏できるか?

[musicno.91  comment:4   trackback:0   top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

[153] TB、ありがとうございました。【mizukiサン*】 URL EDIT  top↑

はじめまして。
TB、ありがとうございました。
プロフを拝見して…以前YBO2について検索してる時にnoizuさんのサイトにたどり着いて、そこで「YBO2東北支部」「YMO2」というのを初めて知ったのを思い出しました。
>やればやるほどYBO2になっていく。
いっそYBO2になってしまってください。もう15年も、YBO2の代わりを探しているヤツがここにいますので…(苦笑)。東京にも是非来てください!

[154] Re:【endeサン*】 URL EDIT  top↑

mizukiさん
ありがとうございます!!
河本さんの「その後」を調べていたら真っ先にヒットしたのがmizukiさんのところだったんですよ。 YBO2,Ruins,Thisheat,あぶらだこ,David Bowie,Culture Club等々、80年代を謳歌した世代にはたまらないラインナップ、しかもそれらが恐るべき精緻さで記されていることにあらためて新鮮な懐かしさが感じられ、特にYBO2とRuinsの件は圧巻でさえありました。
> いっそYBO2になってしまってください。
あの顔と髪と声(歌)がなかなか…(苦笑) もしかしたら我々の実際はYBO2よりもCanis Lupusに近いのかなーなんて思うこともあります。 そうだ! mizukiさんのCanis Lupus評、読んでみたいです!! 

[155] no title【mizukimizukiサン*】 URL EDIT  top↑

Comment please河本さんは、確か実家を継ぐから…という理由で抜けられたんでしたね。個人的には、YBO2の歴代ギタリストで一番好きでした。
>あの顔と髪と声(歌)がなかなか…(苦笑)
あと、北村さんの場合、良い意味で「ハッタリが利く存在感」みたいなのがあって、そのあたりはなかなか真似できないところなのかもしれません。
キャニスは数えるほどしか観ていませんけど…箕輪さんのドラムが素敵でした。そう言えば、『死の棘』とか観に行きましたよ(苦笑)。
吉田さん関連を除けば、今国内で本当に「好き」と言えるグループを見つけられずにいる状態ですので…こちらのブログは、これからもマメに覗かせていただきますっ!

[156] > mizuki2【endeサン*】 URL EDIT  top↑

同感です。 NULL氏の時もなかなかでしたがこちらはテクニックが…  森川氏の時は見せ物としては秀逸でしたがやはりテクニックがついていかない 後任の浅野某にいたっては巧けりゃ良いって話じゃなくて、そりゃ確かに巧かったけれど、そもそも顔が… やはりYBO2が化け物(モンスター)として君臨していたのは吉田・河本・北村のいわゆるYKKの時期ですよね。 EXTERMINAL@インクスティック芝浦における演奏は80年代インディーズ文化の金字塔といっても過言ではないと未だに信じています。
> 「ハッタリが利く存在感」
あ、これは俺も自信あります。 それだけで生きてきたようなもんですから(笑) でもあの屁理屈と若き日の風貌だけは真似のしようがないですねー(苦笑)  ま、精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします!!

entry_listTrackback

エントリー「YBO2」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/91-8183e542

©2005Otaria's Bloc(k)All Rights Reserved*

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。