notice


otaria's bloc(k) official

on sale!!
otaria's bloc(k) 1st issue / permafrost
buy now!! ↑ click here!!

otaria's bloc(k) 2nd issue /
lost nation
them someday...

calendar


CURRENT MOON
moon phase info

« 04 | 2017/05 | 06 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

entry_list--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スポンサー広告no.  comment-  trackback-  top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

entry_listTrackback

エントリー「スポンサーサイト」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/5-18236b6c
entry_list11/09 イカリゲンドウ



遠藤浩史:Fretted &Fretless Bass ,Acoustic Guitar ,Voice

1967年岩手県盛岡市生れ。12歳でテクノポップ・ニューロマンティックの洗礼を受け、中学時代からバンド活動を行っていたが、高校入学と共にチバ大三の兄、晃郎によってハードコアの世界に引きずり込まれ、盛岡発のハードコアパンクバンド「Disquiet」を結成、当時数少なかった盛岡のライブスポット、ホールを次々と破壊し、各所から出入り禁止にされた暴虐の過去がある。 当時はパンク隆盛の極みであったが、既存音楽に飽き足らず、敢えて変則的な手法・スタイルを選択し、究極的にインプロ要素を取込んだマニエリスティックかつグロテスクな方向へ進むその真っ只中でONNYKと出会い「我が師」と成り得ることを直感的に感じとり、直情的かつ一方的に門弟となる許しを乞うべく押掛ける。 その後、上京しデジタルプログレバンド「Flower」を結成し数作を遺すが、世間の冷たい風に敢無く敗退、遁走、帰郷。 酒毒に耽溺、屍と化していたところ、ONNYKから7人編成大所帯ファンクバンド「NTU」のベーシストとして新たな生命を吹込まれ今に至る。 縦横をまったく無視したかのような傲然愕然としたベーススタイルで知られるが、パーシー・ジョーンズ、ミック・カーンに通じるフレットレススタイルでメロディアスに奏でることはあまり知られていない。 80年代インディーの雄、YBO2の東日本限定ギタリストに任命されるも数ヶ月も経ずして主宰である北村昌士の病臥・失踪により前途が閉ざされてしまったことは、今やお笑い種にもならない。

[memberno.5  comment:0   trackback:0   top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

entry_listTrackback

エントリー「イカリゲンドウ」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/5-18236b6c

©2005Otaria's Bloc(k)All Rights Reserved*

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。