notice


otaria's bloc(k) official

on sale!!
otaria's bloc(k) 1st issue / permafrost
buy now!! ↑ click here!!

otaria's bloc(k) 2nd issue /
lost nation
them someday...

calendar


CURRENT MOON
moon phase info

« 04 | 2017/05 | 06 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

entry_list--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スポンサー広告no.  comment-  trackback-  top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

[289] 皆さま、ありがとうございます!【特音サン*】 URL EDIT  top↑

岩手に来て今年で17年目そしてオタブロは10年、あっという間ですね(汗)
私は岩手に居ること自体を否定的に思っているつもりはなかったのですが、
まわりの方々にそのように受取られる言動であったのなら申し訳なかったです。
ただ、音楽をやる人間として私はとてつもなく半端な存在である、というような
感覚は常に持っていたのかも知れません・・・。
今回ZABADAKの記念すべきライブに1曲ではありましたがゲスト参加させて
いただいたことは、私の中に良き記憶として永遠に刻まれました。
私が在籍していた頃のZABADAK、そして現在のZABADAK、25年の
時の流れがギュッと凝縮した本当に濃密な瞬間でした。
岩手に来てからこれまでの色々な人たちとの出会いが、現在の私の活動を
後押ししてくれていたのだと改めて実感しております。

これから再びまた10年、どうなることでしょう?!

松田克志



entry_listTrackback

エントリー「スポンサーサイト」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/345-b2c66dd6
entry_list06/03 復活の日


ドラムの松田が古巣で演奏しました。
ZABADAK 25th Anniversary final in 東京キネマ倶楽部

思い返せばOtaria's Bloc(k)を結成して10年が経ちました。 松田と初めて出会った頃、彼は東京に残してきたものが多すぎて「ここは私のいるところじゃない!!」と世を儚み岩手にいる自分を極端に卑下しているところがあったように思います。 これはその後の0年間の中で何度も現れたり消えたりを繰り返し彼を悩ませ、その度に「一緒にやっていればいつか(元いた場所に)帰れるから、もう少し頑張ってみようよ」と時には励まし時には騙し(笑)どうにかこうにか続けてきましたが近年はまたZABADAKとしての活動が増えてきました。 ギターのnoizuもそれまでのノイジシャンやパフォーマーとしてのともすれば色物、キワモノと見なされやすかった一面だけではなく、ギタリストとして確固たる足場を築きました。 決して活発なバンドではありませんが修道期間としてこの10年は決して無駄な時間ではなかったと自負しております。

吉良さんのBLOGに写真がたくさん載っています。
うすぼんやり日記

※肖像権に配慮しました。

[memberno.345  comment:1   trackback:0   top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

[289] 皆さま、ありがとうございます!【特音サン*】 URL EDIT  top↑

岩手に来て今年で17年目そしてオタブロは10年、あっという間ですね(汗)
私は岩手に居ること自体を否定的に思っているつもりはなかったのですが、
まわりの方々にそのように受取られる言動であったのなら申し訳なかったです。
ただ、音楽をやる人間として私はとてつもなく半端な存在である、というような
感覚は常に持っていたのかも知れません・・・。
今回ZABADAKの記念すべきライブに1曲ではありましたがゲスト参加させて
いただいたことは、私の中に良き記憶として永遠に刻まれました。
私が在籍していた頃のZABADAK、そして現在のZABADAK、25年の
時の流れがギュッと凝縮した本当に濃密な瞬間でした。
岩手に来てからこれまでの色々な人たちとの出会いが、現在の私の活動を
後押ししてくれていたのだと改めて実感しております。

これから再びまた10年、どうなることでしょう?!

松田克志



entry_listTrackback

エントリー「復活の日」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/345-b2c66dd6

©2005Otaria's Bloc(k)All Rights Reserved*

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。