notice


otaria's bloc(k) official

on sale!!
otaria's bloc(k) 1st issue / permafrost
buy now!! ↑ click here!!

otaria's bloc(k) 2nd issue /
lost nation
them someday...

calendar


CURRENT MOON
moon phase info

« 09 | 2017/10 | 11 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archive

entry_list--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スポンサー広告no.  comment-  trackback-  top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

entry_listTrackback

エントリー「スポンサーサイト」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/334-0d44203b
entry_list02/04 Pochakaite Malko 解散!!
悲しい報せが飛び込んできました。

Book of PM

“Permafrost”でキーボードを弾いてくれた荻野和夫氏率いるチェンバー・プログレバンド Pochakaite Malko が解散とのこと。

方向性が見出せず彷徨していたOtaria's Bloc(k)(以下オタブロ)にとってPochakaite Malko(以下ポチャ)は一つの指標であり、私にとっては憧れでもありました。 レコーディングに参加していただきたい旨をお願いに伺った初台DOORS、2005年9月24日のことは今でも鮮明に記憶しています。 圧巻たるポチャの演奏は言わずもがな、その後の交流に繋がる多くの出会いをもたらしてくれたのもポチャでした。

2年後、無事完成したアルバム発売記念ライブでポチャに対するオマージュとして演奏させてもらったのがこの曲、ドッペルゲンガー。


ドッペルゲンガードッペルゲンガー
(2006/12/22)
Pochakaite Malko

商品詳細を見る


翌2008年にはプログレの殿堂、吉祥寺シルバーエレファントにてフロントアクトをさせていただく僥倖にも恵まれ、当初の目標を遙かに上回る成果を出せたのもポチャ及び関係各位皆様のおかげあってのことでした。 その後、オタブロはATOMの参入を経て演奏スタイルも変わり、ジャズ・ロックへと大きく傾倒していくのですが結果はまだ出せておりません。

偉大なる先達を喪い、今は悲嘆にくれるばかりでありますが、ポチャ皆様にとって今後の御活動、御発展を祈念するとともに、素晴らしい楽曲群を聴かせてくれたことに心より感謝を申し上げます。 ありがとうございました。

Pochakaite Malko(ポチャカイテ・マルコ※)

荻野和夫:ピアノ/キーボード/リコーダー
桑原重和:ベース
立岩潤三:ドラム/パーカッション
壷井彰久:ヴァイオリン

※ポチャカイテ・マルコ=ブルガリア語で「ちょっと待ってください」の意。 その名とは裏腹に強迫的で性急な鼓動と不気味な旋律。 あまりにも時代とかけ離れ、黒い矢のように駆け抜けたポチャ。 ACID RAINを越える大作を心待ちにしておりましたが、叶わぬ夢となりました。

[no categoryno.334  comment:0   trackback:0   top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

entry_listTrackback

エントリー「Pochakaite Malko 解散!!」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/334-0d44203b

©2005Otaria's Bloc(k)All Rights Reserved*

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。