notice


otaria's bloc(k) official

on sale!!
otaria's bloc(k) 1st issue / permafrost
buy now!! ↑ click here!!

otaria's bloc(k) 2nd issue /
lost nation
them someday...

calendar


CURRENT MOON
moon phase info

« 04 | 2017/05 | 06 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

entry_list--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スポンサー広告no.  comment-  trackback-  top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

entry_listTrackback

エントリー「スポンサーサイト」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/331-604ee9e5
entry_list10/16 Bestial Cluster


打合せ、段取り、全部無視。
ヒゲ面の男達 Bodhi-Sattva

御存知 ONNYK 昨夜は殆どサックスを吹かずボーカリストになっていました。


新加入、ジャンベの広瀬卓 Bodhi-Sattvaのムトゥーメ(笑)


ドラムス、三上真也 破壊力満点!!記憶力赤点!!(爆)


ギター、菊池翔 出演した3バンド(Ayahuasca, Mortal Family, Bodhi-Sattva)全部彼がギター。 ハードサイケデリア、ヘヴィブルース、そしてインプロヴィゼーションと、まったくスタイルの違う演奏をぶっ続けで2時間半、見事に弾いてのけました。

Bodhi-Sattvaは50代から20代にかけてちょうど10歳ずつ違ったメンバーで構成されているのですが、これはジェネレーションとして簡単に見積もっても5つ(60's, 70's, 80's 90's, 00's)。 延べ50年の蓄積があることを意味します。 近代ロックの歴史資料館のようなものですね。老人の経験と知識、若者の閃きと力。 彦麻呂風に言えば「ロックの宝石箱やー!!」と冗談さておき。

しかしながら盛岡の音楽シーンも高齢化が進み、現役で頑張っている層でもいつのまにやら30代後半から40代中盤と壮年の域に差し掛かってきています。 そんな中、飛び抜けた技量、胆力、そして若さを兼ね備えた彼の存在は大いに期待されるところであります。

家族でも企業でも同じですが、次世代を担う若者、後継者がいないということはその集合の終焉を意味しており、(要するにシーンの衰退、滅亡、コミュニティが死んじゃうってこと)。 これを防ぐため、如何に後継者を発掘して磨き上げていくかということが我々老人の役目なのだな、と自覚した遠藤浩史44回目の誕生日でした。

ちなみに、そんな中年親父の誕生日。 カウントダウンは金野吉晃 a.k.a ONNYKとバロックマスター鈴木哲基氏とともに迎え、米山徹さんと伊藤裕司君に挟まれて締めるという何ともむさ苦しい… もとい、男臭い中で過ぎ去っていったのでありました。 嗚呼、俺に幸あれ。

[pastno.331  comment:0   trackback:0   top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

entry_listTrackback

エントリー「Bestial Cluster」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/331-604ee9e5

©2005Otaria's Bloc(k)All Rights Reserved*

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。