notice


otaria's bloc(k) official

on sale!!
otaria's bloc(k) 1st issue / permafrost
buy now!! ↑ click here!!

otaria's bloc(k) 2nd issue /
lost nation
them someday...

calendar


CURRENT MOON
moon phase info

« 08 | 2017/09 | 10 »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

archive

entry_list--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スポンサー広告no.  comment-  trackback-  top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

entry_listTrackback

エントリー「スポンサーサイト」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/246-0f5bcbef
entry_list09/12 周尾淳一/Variation Ⅴ


昨日、郵便受けに入っていた一つの封筒。
差出人は周尾淳一、通称「周尾さん」からだ。 少し前に「新作を制作中。 できたら送る」との旨、連絡は受けていたのだが、これほどまでに早いとは予測していなかった。

一聴して感じたのが「明るさ」である。 ジャケットのイメージに依るところも大きいと思うが、前作「山海経」で聴かれた、どうしようもなくだだっ広い闇の中で狂い、藻搔くような暗く獰猛な音響ではなく、まるで色とりどりのジェリービーンズを撒き散らしたような色彩感に溢れているのである。

「それ」はあくまでも表層的な部分だけであり、根底に流れるものは飽くなきまでの憎悪と不在感なのであろう。 しかしながらまた「それ」に気がつくのはもっとも凶悪な、彼の放つ周波数にチューニングを合わせられるほんの一握りだけの人間であろう。

断言しよう。 今作“Variation Ⅴ(ファイブ)”もまた、確かなる、そして新たなるリスニング・ミュージックの傑作である。

[no categoryno.246  comment:0   trackback:0   top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

entry_listTrackback

エントリー「周尾淳一/Variation Ⅴ」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/246-0f5bcbef

©2005Otaria's Bloc(k)All Rights Reserved*

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。