notice


otaria's bloc(k) official

on sale!!
otaria's bloc(k) 1st issue / permafrost
buy now!! ↑ click here!!

otaria's bloc(k) 2nd issue /
lost nation
them someday...

calendar


CURRENT MOON
moon phase info

« 09 | 2017/10 | 11 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archive

entry_list--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スポンサー広告no.  comment-  trackback-  top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

[257] no title【遠藤サン*】 URL EDIT  top↑

Breton、まさかあんな短時間できるとは思わなかった。 しかし、よほどストレスが溜まっていたらしく、四次元通り抜けてキチガイ領域に突入してしまった感もアリ。 これでイイのだ(鼻毛)

entry_listTrackback

エントリー「スポンサーサイト」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/190-89164e90
entry_list03/30 Passport to infinity



四次元怪獣ブルトン

何故にいきなり怪獣話かと申しますと、私無類の怪獣、怪人オタクでして…ではなく(いや、確かにそのケはある) 先日「世界の早川」こと、尊敬するベーシスト早川岳晴氏の名曲“Syllogisme Colonial”のタイトルについて意味を調べていると氏に伝えたところ、「トリスタン・ツァラの詩集にある一節のタイトルであるが、そこまで辿り着いているかね?」との御返答。

何せ、トリスタンと言ったら本願寺、もとい、ホンジンガーくらいしか思い浮かばぬ浅学非才、ダダイズムは薄ボンヤリ、シュールレアリスムは絵画のみで、文学や哲学、思想の領域までは覗いてもみなかったので、まずは自身の不明を恥じると共に、恐る恐る検索などかけてみる。

と、そこに出てきたアンドレ・ブルトンという名前。 「ブルトンと言ったら四次元怪獣だんべよ?」と、いきなり方向転換。 さきほどまでの敬虔な知的探求心など何処へやら? 「あれは気色悪かった」「一体あれは何だったんだろう?」かと調べているうちに、脳内ダウジングロットが激しく反応。 「ココニモンダイガアリマス ココニモンダイガアリマス」と心の内を指し示す。

いえね、近頃ちょっと悩んでいることがありまして。 バンドの運営がまず第一の悩みなのですが、次いで悩ましいのが作風と曲調です。 前作タイトルが「永久凍土」という、実に冷たく寒く、冬場に濡れた靴下を穿いて歩くような作風だったので、セカンドは明るく快活に、カラッと前向きな雰囲気でやろうじゃないか!と、noizu作曲の“虹”(Sacred Double Rainbow)や、私の“珊瑚雲”(Highest Coral Croud)などの曲を作ったのですが、綺麗過ぎて不安になるのです。

「これで良いのか?オタブロ」という漠然とした不安。 つい昨日まで、頭丸めて数珠ぶら下げたり、迷彩服に鋲ベルトでいた奴が、いきなり小花紋様のシャツ着て髪はワックスで立ててみたり… 多分、ちょっとやり過ぎちゃったんでしょうね。 自分で設定しておきながら、変化に自分が付いていけない。 そして「自分達はこうでなければいけない」というある種の強迫観念。

やはりオタブロは禍々しくなくては。 目を背けたくなるような、耳を塞ぎたくなるような、陰惨で暗鬱で、どうしようもなく衝動的で、凶悪で。 ぶっ壊れながら暴走するモンスターマシンのようであり、メルトダウンゴジラのようであり。 五月の東京ライブでは、自分で作った煽り文句ですが「東北の穢れ神」として初の関東顔見せ。 弛緩んだ顔なんかしていられない。 激情と悲哀を心の袋に詰め込んで、禍々しく、炯々と、次元を歪めるブルトンのように。

[feelno.190  comment:1   trackback:0   top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

[257] no title【遠藤サン*】 URL EDIT  top↑

Breton、まさかあんな短時間できるとは思わなかった。 しかし、よほどストレスが溜まっていたらしく、四次元通り抜けてキチガイ領域に突入してしまった感もアリ。 これでイイのだ(鼻毛)

entry_listTrackback

エントリー「Passport to infinity」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/190-89164e90

©2005Otaria's Bloc(k)All Rights Reserved*

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。