notice


otaria's bloc(k) official

on sale!!
otaria's bloc(k) 1st issue / permafrost
buy now!! ↑ click here!!

otaria's bloc(k) 2nd issue /
lost nation
them someday...

calendar


CURRENT MOON
moon phase info

« 04 | 2017/05 | 06 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

entry_list--/-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スポンサー広告no.  comment-  trackback-  top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

[287] no title【Kサン*】 URL EDIT  top↑

もう5年になるんですね。。。連絡は22日の朝でした。
北村さんと一緒に演奏した時の映像・音源・写真は無いのですか?あったら見たいです。

[288] no title【Eサン*】 URL EDIT  top↑

> Kさん

もう5年なのか、まだ5年なのか。 俺にはもうずいぶん昔のことのような気がする。 北村さん、一昨日のEARTHDOM / WORN-OUT MUSIC は見に行ったのかな?(笑) もともと幽霊みたいな人だから、経帷子纏って「イヒヒヒヒ」って笑っている姿があまりにもリアルに想像できて可笑しくなっちゃう。

映像はあるけれど、とても見せられたものじゃない。 そもそもYBO2を打ち込みで、ろくなモニターもない会場で練習もしないでやろうというのがそもそもの間違いで、あの時の俺はきっと何か悪い熱病に冒されていたんだと思う。 写真は一枚だけ撮ったけど、カメラの調子が悪くて心霊写真みたいになっちゃって、どこに行ったかもう分からない。 スキンヘッドだったから(今もそんなもんだけど)「盛岡のNULLだNULL!イヒヒヒヒ」って笑われたこと、ナナフシとCANISを再発しろと詰め寄ったら本気で怒られたこと、本番前ギリギリになっていきなり思いついた曲を無理矢理教え込まれたこと等々… いろいろ思い出しちゃいました。

ありがとう。 いつかまた会う日まで。

entry_listTrackback

エントリー「スポンサーサイト」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/100-a580e255
entry_list08/02 彷徨する魂の行方を悼む



北村さんが亡くなった。 6月17日、連絡が入ったのは3日後だったか? 正確な状況は把握できなかったが、どうやら今回はいつもの虚報ではなく、本当に死んでしまったんだろうな、と素直に受け止められた(連絡くれた方、ありがとう) なぜだかは分からない、しかし何か兆しのようなものは確かにあった。
このブログ6月16日の記事がYBO2だったり、そしてあまりこういうことは書きたくないのだが、6月11日、Otaria's Bloc(k)@秋田LIVE SPOT 2000においてPermafrostを演奏中、私のそばに、確かに彼は降りてきた。 冷たく、精霊のような幽霊のような。 尊敬していた男だ、不快感などありようもなく、そしてその冷たいアストラル体は私の体に侵入、融合… おそらく同時期に同様の体験をした北村childrenが大量に存在する気もするが(苦笑)

2001年にぶっ倒れてから5年間、一体どうやって暮らしていたのか? その間、どんな時間だったのか? どこにいたのか? 幸せ(?)だったのか? 未だ残存しているSSEのHPに載っている「11/02(金)盛岡/盛岡劇場」は私とやるはずだった。 前年に単身来盛し「YBO2+ntu@Exterminal」というライブを大失敗に終え、そのリベンジを誓ったはずだったのに、直前になりMさんという女性から「北村が吐血して入院しました、危篤状態です」と信じられない連絡が入り、会場キャンセル、チケット代払い戻しなどなど散々な事態に陥る。

それでも彼は「脱走して盛岡行く!! 岸沢行かなくても俺は行く!!」とか、嬉しいことを言ってくれていたらしい(おそらくはMさんへの甘えだったのだろうけれど) 2000年のYBO2アメリカツアー、誰も彼もが都合がつかなくなり、というより皆が皆、彼に愛想尽かし果てたのだろう。 ツアーを組んでからメンバーがいなくなってしまった彼は手当たり次第、北海道から広島まで「アメリカ行こうぜ!!」と声をかけまくった。 私もその中の1人で、実に熱心に、かつ虚実定まらない誘惑を受け、一瞬の甘い夢を見てしまったのだ。

しかしその頃の私(今も変わらないが)仕事を辞めてまでアメリカに行く根性などなく、二晩口説かれたにもかかわらず空港に送る車の中で「すいません、やっぱり無理です」と告げたのであった。 その判断を後悔したことは一度もないけれど、もし誘いに乗ってアメリカに行っていたら… なんてね。

北村さん、あなたに憧れて上京した子供がね、新宿ロフトの人波の中で藻掻いてた子供がね、いつかあなたと話すようになり、肩を並べて歩くようになり、同じステージに立つようになり、いろんな子供達も大きくなって、そんな子供達も今や不惑を越したり迎えたり、でもあなたを越えた人は誰もいない。 あなたにかかわった人間達みんな、いつまでもいつまでもあなたの影を引きずりながら、向こう何十年か暮らしていくわけです。  あなたに教えてもらったこと、あなたに見せてもらった80年代の夢に感謝します。 そしてその夢を抱いたまま、怪物/モンスターになるべく。

[pastno.100  comment:2   trackback:0   top↑ 

entry_listComment



 SUBJECT
 NAME
 ADDRESS
 PASS
[遠藤だけに内緒話→チェック] 

[287] no title【Kサン*】 URL EDIT  top↑

もう5年になるんですね。。。連絡は22日の朝でした。
北村さんと一緒に演奏した時の映像・音源・写真は無いのですか?あったら見たいです。

[288] no title【Eサン*】 URL EDIT  top↑

> Kさん

もう5年なのか、まだ5年なのか。 俺にはもうずいぶん昔のことのような気がする。 北村さん、一昨日のEARTHDOM / WORN-OUT MUSIC は見に行ったのかな?(笑) もともと幽霊みたいな人だから、経帷子纏って「イヒヒヒヒ」って笑っている姿があまりにもリアルに想像できて可笑しくなっちゃう。

映像はあるけれど、とても見せられたものじゃない。 そもそもYBO2を打ち込みで、ろくなモニターもない会場で練習もしないでやろうというのがそもそもの間違いで、あの時の俺はきっと何か悪い熱病に冒されていたんだと思う。 写真は一枚だけ撮ったけど、カメラの調子が悪くて心霊写真みたいになっちゃって、どこに行ったかもう分からない。 スキンヘッドだったから(今もそんなもんだけど)「盛岡のNULLだNULL!イヒヒヒヒ」って笑われたこと、ナナフシとCANISを再発しろと詰め寄ったら本気で怒られたこと、本番前ギリギリになっていきなり思いついた曲を無理矢理教え込まれたこと等々… いろいろ思い出しちゃいました。

ありがとう。 いつかまた会う日まで。

entry_listTrackback

エントリー「彷徨する魂の行方を悼む」のトラックバック
http://otarias.blog55.fc2.com/tb.php/100-a580e255

©2005Otaria's Bloc(k)All Rights Reserved*

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。